キャンプモカシン

キャンプサイトの必須アイテム、ミネトンカのキャンプモカシンです。

バックパッカーの祖といわれる、コリン・フレッチャー氏は、自著「遊歩大全」のなかでミネトンカモカシンについて触れています。


キャンプ中ずっとブーツを履いているのはやっかいだし、快適でもないし、とても非能率なことがある。グランド・キャニオン・トリップの最初の1週間が終わった時点で、私の足は赤くただれてしまっていた。しかたなく私は、とある泉のほとりでまる1日半を休養にあてた。履いたり脱いだりがとても簡単なモカシンを持っていたので、苦痛に満ちた登山靴の圧迫から足を解放してやり、ずっと空気にさらしておくことができた。もしもあのときモカシンがなくて、キャンプサイトでずっと登山靴を履きつづけていたら、あんなに早く回復したかどうか疑わしい。
〜中略〜
私が限りなく愛用したそのモカシンは、アフリカでのハードな使用にも役目を全うして、その長い一生を終えた。連日ドライビングやキャンプサイトで酷使しつづけたのだ。軽くて、しかもノンスリップ。もう、それに替わる新品を見つけだすのは不可能に思われたが、とにかく探し続けた。古いモカシンは、まさに理想的だった。だが新しいモカシンを探しだせれば、周縁の紐を調整して、キャンプサイトでただれた足を休める際に楽に着脱でき、岩場を歩くときも安全であるようなものにできるかもしれない。
〜中略〜
しばらくして、とうとう見つけた。その名をミネトンカ・バッファロー・モカシンという。


バッファローモカシンは、現在では手に入りませんが、それに代わるものがこのキャンプモカシンです。

普段使いはもちろんですが、特におすすめしたいのはキャンプサイトでの使用です。
長時間歩いた後のキャンプサイトでくつろぐ時、薪を集める時、調理をする時、焚き火を楽しむ時、重たいトレッキングシューズを脱いでモカシンに履き替えてみてください。ずっと楽に過ごすことができるでしょう。

最近のトレッキングシューズは高機能になっていますが、それでも足は締め付けられて血流が悪くなり、シューズ内には湿気がこもってしまいます。天然皮革で作られたモカシンは、足の血流を妨げることがなく、湿気もこもらないので、足を快適な状態に保ちます。

デメリットもあります。天然皮革は水に弱いので、ほとんど防水性は期待できません。簡単に水が染み込んできますので、定期的なお手入れが必要ですし、雨天時や水場での使用は注意が必要です。また、キャンプ周辺の散策くらいなら問題ありませんが、長距離のトレッキングには適しません。専用のトレッキングシューズの方が良いでしょう。

ウルトラライトの観点からは「余計な装備」と思えるかもしれません。しかし、数百グラムの増量を補って余りあるメリットがあります。
ぜひお試しください!

〜お手入れ方法〜
スムースレザー(メープル・ブラック)の場合、レザーの滑らかな仕上がりを保護するため、シューポリッシュ(油性靴用クリーム)を使用してください。

スエード(ダスティブラウン)の場合、水滴や油のシミを防ぐために防水スプレーをさっと全体に吹きかけ、2時間ほど自然乾燥させます。頻繁に履く方は週1回程度、たまにしか履かない方は月1回程度を目安に防水スプレーを吹いて頂くことをお勧めします。

レザーレース(靴ひも)は、レザーの持つ天然のオイル成分と特質により、すぐにほどけてしまいます。

ほどけないためのヒント:
靴に履きなれたら、ぴったりフィットするようにレザーレースを調節してください。
リボン結びの結び目部分を水をつけます。自然乾燥させるとレザーレースが少し縮むので、ほどけにくくなります。
結んだ状態をしっかりと保ちたい場合、結び目の下を瞬間接着剤で固定するのもよいでしょう。

〜サイズについて〜
日本の既製品と比べると、幅は狭めです。本革製品ですので使っているとある程度革が伸びてきますが、足の幅が広い方は、ワンサイズ上が良いかもしれません。

*メープルのサイズ7・8・9は在庫しておりますので、ご注文後2〜3日でお届け可能です。
*当店に在庫のない商品は、お取り寄せ致します。問い合わせページからご連絡ください。
*天然皮革のため、色や素材感のムラが出る場合があります。
*ハンドメイド製品のため、ステッチ(縫い目)のバラつきや生産時の汚れ、小さな傷などが出る場合があります。
*縫い終わりの糸が残っている場合がありますが、ほつれ糸ではありません。そのままご使用ください。
*本革は、色落ちする場合があります。薄い色の靴下を履いているときには、ご注意ください。

***ミネトンカのよくある質問はこちら***

キャンプモカシン

13,500円(税込14,580円)

定価 13,500円(税込14,580円)

  • サイズ
  • カラー
購入数
  • ABOUT US
>